三段目 – カードを置く


選んで混ぜ合わせたカードを表向きに配置する前に、まず、4×4の正方形の角のいずれかと角が一致している2×3の長方形8枚の各正方形の中に存在することを可視化します。

この8つの2×3の長方形を2つのグループに分けて4つの長方形にしています。

4つの横長の長方形のグループがあります。

正方形の上半分に横長の長方形が2つ

正方形の下半分に横長の長方形が2つ

正方形の上半分に2つの長方形(左と右に1つずつ)があり、その角の1つが4×4の正方形の角の1つと一致するようにXマークが付けられています。

正方形の下半分に2つの長方形(左と右に1つずつ)があり、その角の1つが4×4の正方形の角の1つと一致するようにXマークが付けられています。
4つの縦長の長方形の2つ目のグループがあります。

正方形の左半分に縦長の長方形を2つ。

正方形の右半分に縦長の長方形を2つ。

四角の左半分に2つの長方形(上と下に1つずつ)があり、その角の1つが4×4の正方形の角の1つと一致するようにXマークが付けられています。

正方形の右半分に2つの長方形(上と下に1つずつ)があり、その角の1つが4×4の正方形の角の1つと一致するようにXマークが付けられています。
それぞれの正方形の中で、使うと決めた長方形のグループ(横長の長方形または縦長の長方形)の四隅に、カードを表向きにして四つ並べます。

2×3 レクタングル 水平・垂直

長方形の角にカードを配置する順番は、4通りの方法があります。

時計の針の動きを追うことで

反時計回り

反対側の角がX型(カードを斜めに置く場合は、長方形を2回交差させる

Z型

使用する順序は、長方形の角のいずれかから開始することができます。

ステップ3 – カードを配置する

例えば

カードを時計回りに配置する場合、長方形のどの角に最初のカードを配置するかによって、4つの方法で配置することができます。

これらの長方形の中で、時計回りの4枚のうち1枚目のカードは左上にあります。

これらの長方形の中で、時計回りの4枚のうち1枚目のカードは右上にあります。

これらの長方形の中で、時計回りの4つのカードのうち、最初のカードは右下の角にあります。

これらの長方形の中で、時計回りの4枚のうち1枚目のカードは左下にあります。

私たちはカードを配置するとき、私たちは、TWOのものを除いて長方形を視覚化するために、それらを表向きに配置し、何の基準も持っていません。

四角四面
矩形の角の1つが4×4の正方形の角の1つと一致します。
2×3の長方形を可視化してカードを配置しようとするときに頼りになります)。

2×3の四角形の四隅をよりよく視覚化するために、これらの正方形には白黒の動物を使用しました。

トカゲ(黒)1匹
2 イルカ(白
3 犬(白
4 猫(黒
このリストでは、最初にトカゲ、次にイルカ、次に犬、そして最後に猫の順になっていますが、このリストの順番を変更して、逆順(または他の任意の順番)で始めることができます。

カードを置くときに、どの長方形を最初に使うか、他の長方形をどの順番で使うかを選びます。

2×3の長方形とカードを配置する順番に関して、私たちは4つのことを選択しなければならず、私たちが選択したものはすべての正方形で使用されるので、私たちの選択について非常に明確にしなければなりません。

1 使用する長方形の種類を選択します(縦長の長方形か横長の長方形か)。

2 最初のカードを配置する長方形の最初の角を選択します(左上または右上の角、左下または右下の角)。

3 長方形の角にカードを配置する順番を選択します(時計回り、反時計回り、X型、Z型)。

4 最初に使用する長方形と、それに続く長方形の順番(左上または右上の長方形、左下または右下の長方形)を選択します。

4枚のカードを4つの長方形の角に配置した後、常にALLのスクエアに使用することにしたのと同じ順番で、16枚のカードを表向きにしてスクエアが完成します。

A %d blogueros les gusta esto: