FOZUDOKUの解き方は?


これまでに発見した5枚のカードを表向きにして各マジックスクエアに配置してきましたが、各マジックスクエアには、デッキの4つのスートによって形成された4枚のカード(XXXX)のグループが24枚あることを考慮して、左の第1のマジックスクエアには22枚、中央の第2のマジックスクエアには26枚、右の第3のマジックスクエアには30枚のカードがあることを考慮して、他のカードを少しずつ計算する手がかりとします。

FOZUDOKUを解くには、よく知っているだけで、このリストの最初の15グループを使うことができます。

  • 4本の水平線
  • 縦の4本の線
  • 2本の対角線
  • 魔法の広場の四隅
  • マジックスクエアの第4部を構成する2×2の4つの正方形。

マジックスクエアの和が一定であるグループの4枚のカードのうち3枚(左の1マス目の22、中の2マス目の26、右の3マス目の30)がわかっているところで、4枚目のカードを計算することができます。

最初の5カードのマジックスクエアの解き方

例えば

すべてのマジックスクエアは3つの角に3枚のカードが見えるので、4つ目の角に入るカードを計算することができます(4つの角は4つのカードのグループの中の1つで足し算なので)。

計算して4つ目の角にカードを配置したら、2つの対角線のうち、目に見えるカードが3枚あるうちの1枚を見て、その対角線を完成させるために欠けている4枚目のカードを計算します。

そして、4枚のカードのグループの中で、和が一定である場合、3枚のカードが見えている場合、4枚目のカードを計算して、4枚目のカードが欠けていることを発見して、グループを完成させることができ、少しずつ解いていきます。

しかし、(これは非常に重要なことですが)5枚のカードを配置した場合、3枚のカードが見える定数和を持つ4枚のグループがないので、手がかりがないので、6枚目のカードを配置できないことがわかります。

まだ不完全な4枚のカードのグループはすべて2枚しか見えておらず、それ以上のカードは計算できません。(6枚のカードが残っているときはいつもこうなります)。

あとは何も足さずにカードを置けばいい。

私はこの操作を「ジョーカー」と呼んでいます(足し算せずに置かれた唯一のカード)。

ワイルドカード」を見つけて配置するには、一度しか使用されない別の戦略を使用します。

二枚目の五角の解き方

6枚目のカードが残っているときに、どうやって6枚目のカードを配置するのか?

これは、同じスーツの3枚のカードを探すことによって行われます。なぜなら、同じスーツの3枚のカードを知っていれば、何も足さなくても、そのスーツの4枚目のカードを特定して配置することができるからです。

( 1, 2, 3, 4 ) ( 5, 6, 7, 8 ) ( 9, 10, 11, 12 )

例えば

魔法の広場に設置されている場合。

金色の5、金色の7、金色の8の四角は、金色の5、6、7、8の四角になることを知っています。

そうすれば、「OROS」の6(私たちのジョーカー)が欠けているカードであることがわかります。

OROSの6が行く場所は、OROSのカードがない線と列の交差点になります。

なので、何も足さずにOROS(私たちのワイルドカード)の6を配置することができます。

三枚目の五角形の解き方

フォズドクは、山札の中の4枚のスートを足し合わせた24組の4枚のカード(XXXX)がある以外に、30組のカード(XX)が他の30組のカード(OO)と足し合わせた30組のカード(XX)があり、一部の組のスートが他の組のスート(XX=OO)と同じになっています。

ペアのカード(○○)をペアのカード(OO)で変えると、新しい「数独」になります(7つの変化があります)。

.

FOZUDOKUを解決するための他の方法

もう一つの(少し難しい)FOZUDOKUを解く方法は、表向きになっている33枚のカードを取り除き、スペースを空けておくことです。

33枚のカードをシャッフルします。

配置できるかどうかを見ながら、一つ一つシャッフルしていきます。

これは、一人で行うこともできますし、他の人と一緒にプレイすることもできます(より多くのカードを置いた方が勝ちます)。

このゲームのバリエーションは、カードがシャッフルされた後、それらは空のスペースに再び表向きに配置されます。

当然のことながら、今表向きになっているカードは(たまたまそうなっているものを除いては)、その場にはいません。

あるいは、プレイヤーはカードの1枚を取り出して、それを表向きにして同じ場所に置くことができない場合に備えて、それを置くことができるかどうかを確認します(後にそのカードを置くことができるようにするために、そのカードとその場所を覚えようとします)。

発見したカードが置けるのであれば、その時には置こうとするカードを移動させますが、置けない場合は空いているところに置くことになります。

カードを適切な場所に配置した後、その場所にあったカードを配置しようとすることができます。

A %d blogueros les gusta esto: